もし宜しければ、一押しお願いいたします

  • ブログ村ランキング
    にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
フォトアルバム

ウェブページ

Powered by Six Apart

こんな記事を書いてきました

« おでんの具、あれこれ | メイン | コナコナビョウ »

2011年1月 4日 (火)

今年最初に読んだ本 -武士の家計簿-

 この休みの間に一冊読み終えた本がある。

 磯田道史さん著書の「武士の家計簿」という本である。副題には”「加賀藩士御算用者」の幕末維新”とある。
 

 著者によると、世間一般に武士の貧乏イメージが定着してはいるものの、近代武士の懐具合については、実のところそれほど学術的には研究が進んでいるわけではないそうである。それを1842(天保13)年7月から1879(明治12)年5月まで、つまり37年と2ヶ月の家計簿を神田の古本屋で見つけたときは思わず興奮したと、この本の中で綴っておられる。

 この本に出てくる主人公は加賀藩御算用者である猪山家の人たちである。御算用者とは算盤係のことであり、いってみれば「加賀百万石の算盤係」であると、磯田さんは書かれている。

 ただ堅苦しい漢字がならんだこの役職だが、当時武士は算術をならったり算盤をもって金勘定をするなどは賤しいことだと考える傾向があり、上級武士はその子弟に藩校で算術は習わせないようにしていた藩がかなりあったそうだ。加賀藩は算術には熱心な藩であったようだが、猪山家の身分は低く給料は安かったようで、一家が生活していくにおいてはギリギリの収入だった。

 猪山家は、御算用者となってから藩主である前田家に明治維新にいたるまで五代に渡って仕えたそうであるが、幕末のある時期には家財道具や着物など売れる物は一切合財売り払って借金の整理をしたことがこの本に書かれていた。

 ところが猪山家の懐具合は、明治の御一新を境にして急激に変わっていく。猪山家九代目当主である成之という類稀なる算術に長けた人物が、時代の激流に流されながらも海軍省へ入省し経理畑でキャリアを積んでいくことで、当時多くの士族(江戸期に武士と呼ばれた人たち)が悲惨なほどに没落していく最中に高給取りとなり一家を救うのである。その昔、武士の世界では賤しいとされた算術の能力が、時代が変わったことにより一家を盛りたてる強力な武器となったのだ。

 詳しいところはこの本を読んでいただければ良いと思うのだが、あとがきで磯田さんが書かれたこの一説が私の心を掴んで離さない。

― 私はというと、猪山家の人々から、大切なことを教えてもらったように思う。大きな社会変動のある時代には、「今いる組織の外に出ても、必要とされる技術や能力をもっているか」が人の死活をわける。かつて家柄を誇った士族たちの多くは、過去をなつかしみ、現状に不満をいい、そして将来を不安がった。彼らに未来はきていない。栄光の加賀藩とともに美しく沈んでいったのである。一方、自分の現状をなげくより、自分の現行をなげき、社会に役立つ技術を身に付けようとした士族には未来がきた。私は歴史家として、激動を生きたこの家族の物語を書き終え、人にも自分にも、このことだけは確信をもって静かにいえる。恐れず、まっとうなことをすれば、よいのである。 ―

 以上が著者がこの本のあとがきに記された一説であり、この一説で本書は締めくくられている。

 激動の時代とは明治維新や大戦期の時代だけではなく、今まさに私たちが生きている時代も、まぎれもない激動の時代である。

 そんな時代の中で、私などは胡麻一粒ほどの大きさにも満たない存在である。ただそんな胡麻粒ほどの大きさもない存在であるからこそ、猪山家の人々が辿ってきた生き方や、磯田さんが述べられている言葉を自信が社会人として生きていく上での礎としたいと思うのである。

ブログ村ランキングに参加しています。よろしければ、ポチっと一押しお願いします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/350849/25704620

今年最初に読んだ本 -武士の家計簿-を参照しているブログ:

コメント

明けましておめでとうございます。

遅くなりましたが新年の挨拶に伺いました。
良いお正月は過ごせましたか?

私もお陰様でのんびり出来ました。smile

今年もよろしくお願い致します。

橋屋 渡月さん、
あけまして おめでとうございます。fuji

私もこの正月は一冊ぐらい本を読みたかったのですが、
昨年の年末の大雪や何やらで
今年はなかなかゆっくりとというわけにはいきませんでした。snow
今の予定では春までは慌ただしさが続きそうですね。coldsweats01

遅くなりましたが、本年もどうぞ宜しくお願い致します。happy01

あけましておめでたい。
ご無沙汰ですが、今年もよろしく。

shipment世代さんへ
あけましておめでとうございます。

元気にしてはりますか?

こちらこそよろしくhappy01

コメントを投稿